いきいきした髪を取り戻す!髪にいいサプリ全集 身体の中から髪の若返りを目指す!髪にいいサプリを大研究
HOME » 髪にいいサプリメントに関するQ&A » 一緒に取り入れたい自宅ケアはある?

一緒に取り入れたい自宅ケアはある?

髪に良い食事や育毛剤など、サプリメントと一緒に取り入れたい自宅ケアを紹介します。白髪や薄毛の原因は年齢だけではありません。ストレスや生活習慣、間違ったヘアケアなどが原因の場合も。サプリメントを服用すると同時に、自分のヘアケアを見直してみましょう。

自宅でできるヘアケア集

育毛剤の使用

髪のボリュームが減った、抜け毛が増えた、コシがなくなった。そんな薄毛のサインには育毛剤も試してみる価値があります。育毛剤には様々なものがあります。必要な栄養を与える、血行改善、頭皮の環境改善(殺菌、保湿)など、それぞれ目的が異なるので自分の悩みに合ったものを選びましょう。

頭皮マッサージ

頭は血液が滞りやすい場所です。シャンプーのときに頭皮をマッサージして血行促進を。マッサージは強く押しすぎず、気持ちいいくらいの強さで行うのがコツです。

シャンプーの見直し

シャンプーやコンディショナーは頭皮に直接影響を与えるものなので、慎重に選びたいものです。ノンシリコンのような洗浄力が強すぎない肌にやさしいものがおすすめです。

しっかり洗い流す

シャンプーやリンスはしっかり洗い流すのが基本です。顔の生え際、やうなじのあたりに痒みがある、毎日シャンプーしているのに臭う。そんな方は洗い残しがあるのかも。洗浄成分が毛穴に残り、皮脂が詰まっているのかもしれません。

食生活の見直し

外食や揚げ物、甘いものが好きな方は要注意!脂肪分や糖分を摂りすぎると身体に中性脂肪が増えていきます。そうなると頭皮の皮脂の量も増えて、髪に様々な悪影響を与えます。頭皮の新陳代謝を促すビタミンを緑黄色野菜などでしっかり摂りましょう。

ストレスのない生活

頭皮はストレスから身体を守るために、皮脂を過剰に分泌させます。皮脂が増えすぎるとフケが増えるなどのトラブルも出てきます。さらに、睡眠不足が続くと頭皮の新陳代謝が乱れて角質が厚くなります。なるべくストレスを減らし、睡眠をたっぷりとりましょう。顔のお手入れも頭皮もケアも基本は同じということですね。

これはNG!髪にダメージを与えるヘアケア

髪によかれと思っていたことが実は逆効果?やってはいけないヘアケアを紹介します。

1日に何度もシャンプーする

シャンプーしすぎると頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうため、フケや抜け毛の原因となります。シャンプーは1日1回までにしましょう。

濡れている髪にブラッシング

髪にダメージを与えるだけでなく、髪の毛がブラシにからまって抜けやすくなります。濡れた髪にブラッシングしたい場合は、なるべくゆっくりやさしくやりましょう。

白髪を抜く

白髪を抜くと、その近くの頭皮が刺激を受けてメラノサイトが働かなくなり、白髪が増えることもあります。何度も同じところを抜いていると頭皮がダメージを受けて、髪そのものが生えてこなくなる可能性も…。白髪が気になる場合は絶対に抜かずに、染めるか短くハサミでカットするなどしましょう。

リンスやトリートメントを直接頭皮につける

リンスやトリートメントの油分は毛穴をつまらせます。なるべく毛先につけるようにするのがポイントです。泡をしっかりたてて、泡で頭皮をしっかり包み込むようにやさしく洗いましょう。

飲用した髪にいいサプリ「メラノアッシュ」

私は、髪の薄毛・白髪に悩む女性です。30代後半から白髪が増え、髪にコシがなくなり、薄毛も目立ってきました。そのせいか、周りから実年齢よりも上に言われることもしばしば…。
「これはマズイ!」と思い、髪にいいサプリをいろいろ探していくうちに、白髪や薄毛、軟毛にする犯人の正体が「活性酸素」であることが分かりました。
ある日、活性酸素除去作用を持つ水素が主成分の「メラノアッシュ」を発見!さっそく購入し、飲み続けて1か月した頃、私の髪に変化が現れはじめたのです。

 
サイトマップ